英語圏の外国人と国際結婚したい女子は【LINE】ボタンをPUSH!!★彡

英語圏の外国人と国際結婚を目指す女性のためのサイト

英語圏の外国人と国際結婚したい女子集まれ!@トラベリコ

 

 

 

りこがYouTuberを始めたってよ。

夢を叶える人が持っているたったひとつの思考

Riko
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
Riko
サラリーマンを辞めて早一年。名古屋でオンラインサロンオーナー・WordPress講師・貯金習慣アドバイザー・YouTuberをしている経営者。 人見知りしない超人好きタイプ。“ワクワクしないことはやらない”がモットー。世界中に笑顔を届けることがミッションだと思いながら日々活動している。夢は、【ハワイ移住】【カナダ人と結婚する】こと。 >>>>>>>>>人生かけたクラウドファンディングが終了!!2日前に目標金額達成!!
詳しいプロフィールはこちら

みなさん、おはようございます😌

トラベリコ代表のRIKOです🌷

👇私のことがはじめまして!の方はこちらの自己紹介記事をご覧ください☺️👇

このブログを読んでいる人は少なからず夢を持っているのでしょう。
もちろん、私にも夢あります✨

  • 国際結婚
  • ハワイ移住
  • タレントになること
  • 平井大のMVに出演すること
  • ハワイでデザイナーになること
  • 東南アジアでサロンを開くこと(3店舗展開)

さて自分の夢はさて置いて、早速質問です。

あなたの夢はなんですか?

こうやって聞かれてバシッと「私の夢は〇〇です。」と答えられますか?
もし答えられないとしたらなぜでしょう?

  • 叶わなかったらダサいと周りに思われるのが怖いから
  • 夢なんて今まで考えたことなかったから

他には何か理由ありますか?
理由はなんであれ、バシッと夢を答えられる人の方が夢は叶えられると私は思っています。

言葉が人生を変えることがある

皆さん、英国の女流作家であるジョージ・エリオットさんをご存知でしょうか?
<人はいつでも変われる。>
今日はそんなメッセージを残した、ジョージ・エリオットさんについて紹介したいと思います。
ジョージ・エリオットさんはヴィクトリア調時代に代表した作家の一人といえます。
彼は作品が素晴らしいだけでなく、数々の名言を残しています。

ジョージ・エリオットさんの名言

It is never too late to become what you might have been.

(なりたかった自分になるのに、遅すぎるということはない)

会社で疲弊している皆さん、この言葉にハッとしませんか?

いつしか諦めてしまった夢、なりたくてもなれなかった過去の自分への後悔。
「どうして……?」「もっとこうすればよかった」
と日々の中で、私も言い訳ばかりが口をついて出ちゃうことありますよね。

学生の頃にもっと勉強すれば、
今と違う自分になれたのにとか、どうしてあの時この選択をしなかったのだろう。
もっとこんな人間になればよかった。
今の自分は、あまりにも願って止まなかった、あの時描いた自分とは違いすぎる。
どうせ、願いは果たされない。
どうせ、夢は実現できない。
どうせ、夢は夢でしかない。
どうせ、なりたいと願った自分にはなれないんだ。

というように“どうせ”という言葉がぐるぐる回ってしまった、という経験はありませんか?

夢を叶える人は選ばれた人間?!それとも・・・?

多くのサラリーマンとお会いして「夢はなんですか?」と聞いたときにこんな答えが返ってきたことがあります。
それは
「夢を叶える人は選ばれた人間だけ。凡人の自分には関係のない話だと思っているんだよね!」
って。

その方は、夢に敗れたというよりも、夢に向かって挑戦する行動力や勇気すら持てなくて夢を追わないことが普通だと思っているだけだったんです。
だけど、そんな時にジョージ・エリオットさんの先ほど紹介した言葉を思い出しました。

“人はいつでも、どの地点からでも変わることができる”
というすごく単純な言葉だけど、この言葉の意味を本当に理解している人じゃないと行動なんてできないと思います。

夢を叶える人が持っているたったひとつの思考

結論から言うと、私は彼の

 It is never too late to become what you might have been.

(なりたかった自分になるのに、遅すぎるということはない)

というメッセージそのものを本気で信じているかどうかが夢を叶える人かの分かれ道だと思っています。
人は、いつでも変わろうと思えば変われるんですよね。
変わると決めるだけだと思っています。
なりたい自分になることを初めから諦め、変わることを拒み、放棄したら夢が叶わないだけでなく自分を変えることもできません。

夢はいくつまでだったら叶うのか?

散々夢はいつでも叶うって言っておいてこの見出しはおかしいと思いますが、なりたい自分をいつ見つけても叶うようになっているんだろうな〜と私は思います。
なぜなら、<1万時間の法則>があるから。
1万時間の法則とは、物事の一流になるのに掛かる時間の法則です。
1日3時間程度の積み重ねで10年、1日10時間程度の積み重ねで3年で1万時間になります。

それで一流になれます。
そう考えると、なりたい自分になるために、今から夢を目指すのは決して遅くないと思いません?
私、この文章を打ってて改めて「そうだよな!」と気づきました。

どうしたらできる?の思考へとシフト

まずは「自分はここからでも変われる」と信じ、「どうして……?」「どうせ」という思考から、
「どうすれば」という思考に転換していきましょう。

  • なりたい自分になるために、何をしたら良いのでしょうか?
  • どうすれば、自分はなりたい自分へと変わることができるのでしょうか?

自分の理想へと近づく方法を考え、逆算して「やるべきこと」を洗い出してみてください。
いわゆる<TO DO LIST>ですね。
ここからが大事です!
<TO DO LIST>を全てやるのではなく、パレート(※)に絞って優先順位の高いものからやっていってください。
※パレートとは<TO DO LIST>の20%をすることで80%の結果が出せるもの。この部分についての記事を書いたので気になる方はこちらもご覧ください。

全てやるのではなく、優先順位の高いものからやっていくことが大事です。
とはいえ、<TO DO LIST>を全てやることでメリットもあります。

<TO DO LIST>を全てやるメリット

行動量が多くなるので、努力の量が変わります。
やったらやった分だけ自信にもなります。
だからメリットもあるんです。
しかし、いつでも叶えられるとしても早く叶えたいと思いません??
私はできるだけ早く叶えたいです✨
結局<TO DO LIST>を全てやるメリットはほぼないのかも?!笑

まとめ

何かを成し遂げようとせず死を迎えるとき、
「あの時、あれを初めていたら損をするところだった。」よりも
「あの時チャレンジできていたのになんでしなかったんだろう。」と思う人の方が圧倒的に多い!
むしろ100%!
逆に「あの時、チャレンジしていてよかった」と思うでしょう。

後悔は、できるときにやりたかったことをやらなかったときに起きるのです。

じゃあ、今あなたがやりたいのにやらないことはなんですか??
もしあったらチャレンジしてみませんか?
なりたかった自分になるのに、遅すぎるということはないのです。

私は全ての夢を叶えます!!!!!

 

〜おしまい〜

 

4月1日より国際結婚したい人のコミュニティがスタートしました♪
興味ある方はご覧ください( ´ ▽ ` )

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
Riko
サラリーマンを辞めて早一年。名古屋でオンラインサロンオーナー・WordPress講師・貯金習慣アドバイザー・YouTuberをしている経営者。 人見知りしない超人好きタイプ。“ワクワクしないことはやらない”がモットー。世界中に笑顔を届けることがミッションだと思いながら日々活動している。夢は、【ハワイ移住】【カナダ人と結婚する】こと。 >>>>>>>>>人生かけたクラウドファンディングが終了!!2日前に目標金額達成!!
詳しいプロフィールはこちら

ご質問がある方はお気軽にお問い合わせください♪

Categoryカテゴリー

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です