英語圏の外国人と国際結婚したい女子は【LINE】ボタンをPUSH!!★彡

英語圏の外国人と国際結婚を目指す女性のためのサイト

英語圏の外国人と国際結婚したい女子集まれ!@トラベリコ

 

 

 

りこがYouTuberを始めたってよ。

どうやったら日本人がハワイの永住権を取れるのか???

Riko
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
Riko
サラリーマンを辞めて早一年。名古屋でオンラインサロンオーナー・WordPress講師・貯金習慣アドバイザー・YouTuberをしている経営者。 人見知りしない超人好きタイプ。“ワクワクしないことはやらない”がモットー。世界中に笑顔を届けることがミッションだと思いながら日々活動している。夢は、【ハワイ移住】【カナダ人と結婚する】こと。 >>>>>>>>>人生かけたクラウドファンディングが終了!!2日前に目標金額達成!!
詳しいプロフィールはこちら

みなさん、おはようございます😌

トラベリコ代表のRIKOです🌷

👇私のことがはじめまして!の方はこちらの自己紹介記事をご覧ください☺️👇

プロフィールを読んでいただいた方はお分かりかと思いますが、私の夢は<ハワイ移住>です!!

本気で本気でハワイに住みたいので、アメリカの永住権について調べてまとめてみました!!
もし、アメリカに住みたいと思う方がいらっしゃいましたら何かのお役に立てたらと思います♪

グリーンカード宝くじに当選する

知っている方も多いと思いますが、アメリカには<Electronic Diversity Visa Lottery>という無料で永住権をゲットできる宝くじのようなものがあるのですが、そのグリーンカード宝くじの当選確率は1%と言われています。
無料でチャレンジできるんですよ!(これすごくない?)
2016年にニューヨークに初めて行った時、現地で仲良くなった日本人がこのグリーンカード宝くじに当たって今はニューヨークに住んでいると言ってました。
その時は、まだサラリーマンを辞めることが現実になるって思ってなくて、グリーンカードを申請しなかったんですよね。
だけど、今は全力でハワイに移住するって決めることができました。
ということで私はDV-2021に応募しようと思います!
申請可能予定日:2019年10月1日〜2019年11月1日
結果発表予定日:2020年5月
確認番号の保管:2021年9月30日までに結果確認(当選の場合はこの日までに確認番号を確認)

もしグリーンカード宝くじに興味のある方は今年の10月に一緒にチャレンジしませんか??
ちなみに、2019年に申請しても2021年からしか移住することはできません。

国際結婚する

一番簡単と言われているのがこの方法。
アメリカ人と結婚すると永住権がもらえることはみなさんご存知かと思いますが、実は調べていたら面白いことが分かりました。

結婚2年以内の場合は、条件付き(Conditional)の永住権となり、2年間のみ有効のグリーンカードが発行される。
この条件を取り除くには、条件付き永住者となって丸2年となる日の前90日の間に、結婚したふたりが共に署名をしたI-751(Petition to Remove Conditions onResidence)などの書類を提出して申請する。
問題がなければ申請が許可され、10年間有効のグリーンカードが発行される。
この申請を行わないと、2年間のグリーンカードの有効期間が切れた時に永住権を喪失する。

国際結婚をしたとしても、簡単には永住権がもらえる訳じゃないみたい。

アメリカの企業に就職をする

アメリカの企業に就職することで、ビザを発行してくれるというものがあります。
もちろん、それにはかなりの語学力、もしくはそれ同等の技術や能力が求められますが。
上の二つの方法じゃなくても、これでビザをゲットできる人ももしかしたらいるかもしれませんね!

アメリカでビジネスを立ち上げる

アメリカでビジネスを立ち上げるというと、かなりの資金が必要だと思いますし、成功するという保障は全くありません。それでもアメリカで事業をしたいという方の一部は

  • フランチャイズを購入する
  • ビジネスを買収する

という方法を取る方もいらっしゃいます。
日本に株式会社を所有している場合と、所有していない場合では取得するビザの種類が異なるので詳しくは検索していただけたらと思います。

投資をする

アメリカにはEB-5という制度があり、アメリカ政府が指定する地域で50万ドル(5500万円)から100万ドル(1億1000万円)を投資をしたら永住権を手に入れることができるそうです。
さらに、それだけでなく弁護士費用ってのも400万円ほど必要なんですって!
弁護士高いな、と思ってしまったけど、投資額が半端ないからそれくらいはかかりますよね。
でね、さらにさらに!!!アメリカ政府に生活できることを証明する現金を見せる必要があります。

計算すると・・・

5500万(投資金として50万ドル)+400万円(弁護士費用)+7000万円(見せ金)=1億2,000万円

合計1億2,000万円掛かることになります・・・。
※EB-5という制度は、手元に1億円前後の現金を持っていないと申し込めません。

まとめ

以上のことから、私はグリーンカード宝くじに挑戦しながら、並行してカナダ人のフィアンセをゲットして、<ハワイ移住>と<カナダ人かオーストラリア人と国際結婚する>という夢を叶えていこうと思います( ´ ▽ ` )

それにしても、不可能だと思っていたことも調べてどんどん知識が増えていくと不可能じゃなくなっていくのが面白くてしょうがない!!!

という訳で、どうやったらハワイ移住ができるのか?の検証を終わっていきたいと思います。
もし、ここに書かれていること以外に何か情報がある!という方がいたら、本気で移住を考えているので下のLINE@から教えていただけたらめっちゃ嬉しいです♪☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

友だち追加

 

〜おしまい〜

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
Riko
サラリーマンを辞めて早一年。名古屋でオンラインサロンオーナー・WordPress講師・貯金習慣アドバイザー・YouTuberをしている経営者。 人見知りしない超人好きタイプ。“ワクワクしないことはやらない”がモットー。世界中に笑顔を届けることがミッションだと思いながら日々活動している。夢は、【ハワイ移住】【カナダ人と結婚する】こと。 >>>>>>>>>人生かけたクラウドファンディングが終了!!2日前に目標金額達成!!
詳しいプロフィールはこちら

ご質問がある方はお気軽にお問い合わせください♪

Categoryカテゴリー

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です