英語圏の外国人と国際結婚したい女子は【LINE】ボタンをPUSH!!★彡

英語圏の外国人と国際結婚を目指す女性のためのサイト

英語圏の外国人と国際結婚したい女子集まれ!@トラベリコ

 

 

 

りこがYouTuberを始めたってよ。

失敗しちゃいけないわけじゃない、そこから何を学んだのか?が大事

Riko
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
Riko
サラリーマンを辞めて早一年。名古屋でオンラインサロンオーナー・WordPress講師・貯金習慣アドバイザー・YouTuberをしている経営者。 人見知りしない超人好きタイプ。“ワクワクしないことはやらない”がモットー。世界中に笑顔を届けることがミッションだと思いながら日々活動している。夢は、【ハワイ移住】【カナダ人と結婚する】こと。 >>>>>>>>>人生かけたクラウドファンディングが終了!!2日前に目標金額達成!!
詳しいプロフィールはこちら

みなさん、おはようございます😌

トラベリコ代表のRIKOです🌷

👇私のことがはじめまして!の方はこちらの自己紹介記事をご覧ください☺️👇

今日はチャレンジをするときに起きる失敗したらどうしよう・・・
っていう気持ちにフォーカスして書いていこうと思います。

日本の教育で失敗が怖くなってしまった

あなたの周りで失敗が大好物って人はいますか?
もしいたとしたら、きっと変人だと思われている人かもしれませんね!(笑)

一般的に、求めている結果にたどり着くまでどれだけ失敗しても研究を繰り返すのは科学者や研究者の方々かと思います。
失敗はその過程で起きるただひとつの出来事であり、失敗から次の課題が見えてくることがあるので、彼らにとっては、失敗が成功と同じくらい必要なんです。
失敗は成功と同じくらい必要だって聞くと少し楽になる方もいるかもしれないですね。
だって、日本の教育的に失敗がいけないことだ!と教えられてきたから。
だからこそ、何か新しい事にチャレンジするときに怖くなっちゃったりします。

失敗と聞くと何かネガティブな概念をお持ちの方が多いのですが、科学者の様に失敗はありがたい事であると考え方を変える事はすごく重要です。

失敗はあくまでも成功への過程であり、失敗してこそ、自分の目標に近づくという認識なのです。

そう考えることで気持ち的にすごく楽になると思います。

科学者の実験を人生に当てはめてみる?

さっきいきなり科学者とか言っちゃったので少しだけ科学者の実験について書いていこうと思います。
科学者の実験についてってどう言うこと?って感じかもしれませんが見て貰えばわかるからまず見てみて。
(説明がしにくいから投げやり笑)

科学者が実験を行う時は、

  1. 質問を投げかける
  2. 仮説を立てる
  3. 実験する
  4. 結果を分析する
  5. 結論を出す

という5ステップをしているんです。
仮説を立てて、実験するんです。
ここに絶対成功するという確実なものは存在していないけど、仮説を立てたものを実際にやってみるんです。
でね、これって人生にも当てはまると思うんです。
何かというと、何かチャレンジするときに、いろんな案を出すと思うんです。
どうやったらうまくいくのか、本当にこの方法でいいのか、他にもっといい案はあるんじゃないか、
って多い人は1,000通りも<2,仮説>を立てます。
そして、<3,実験>=行動・チャレンジをするんです。
それができたかできないか<4,結果を分析する>。
何が言いたいかって、失敗と成功は同じただの<結果>なんだと思っています。

失敗は回り道。行き止まりではない。

これはジグ・ジグラーの言葉なのですが、まさに前章で書いたことは、「失敗は回り道。行き止まりではない。」ってことです。

ここでサラ・ブレイクリーという有名な女性起業家を例に挙げてもう少し詳しく書いていこうと思います。
その前にみなさんサラ・ブレイクリーって知ってます??
知らない方に向けて、簡単に紹介していきますね。

サラ・ブレイクリーは20代後半でわずか5,000ドルでSpanxを立ち上げました。
しかしアイディアが形になるまでは2年もの時間がかかったそうです。
もちろん、「No!」と言われることばかり。
だけど諦めず、できることを着実にこなした結果、
1
年目で400万ドル、次の年には1000万ドルの売り上げを記録。
そして2012年には当時の世界最年少女性ビリオネアとしてForbesに紹介されるほどの女性です!!!

最高のアドバイスはこんなところにあった?!

しかし、成功を収めた彼女ですが、これまで受けた最高のアドバイスは?という質問に対して彼女の答えは、幼少期の父親とのエピソードでした。
そのエピソードとは、
まだ彼女が幼かったとき彼女の父親は、彼女に対してダイニングテーブルの椅子に座らせ「今週はどんな失敗をした?」と尋ねていたそうです。
学校の成績やサッカーの試合で何点決めたかなどいろいろと聞きたいことはあったはずですが、父親が知りたかったのは彼女の失敗だったのです。そして失敗を話した後は、必ずハイタッチ🙌
この経験から彼女は、毎週どんな失敗したのかと聞かれることで、同じ失敗を繰り返さない自分になっていたんだと思ったと同時に、こんなアドバイスがあったのかと思ったそうです。

あなたはどっちのパターン?

先ほどのサラ・ブレイクリーの例であげると、失敗を失敗で終わらせるのではなく失敗から何を学んだか?が大事でしたよね。
だけど、多くの人は失敗すらしたくないと思っている。
失敗したけど改善して成功するor失敗するのが怖いから何もできなくて何も変わらない

あなたはどっちのパターンでしょうか???

同じ人生だったとしても、失敗に対する捉え方次第でチャレンジが多い人生になるのか。
変わりばえのしない人生になるのかが変わります。

もし、毎日同じことばかりして変わりばえのしない生活に少し刺激が欲しいと思っていたとしたら・・・
「失敗を恐れず」とは言いませんが(やっぱり怖いもんは怖いもんね。)
いつもと違った行動をしてみるのもいいかもしれません。

最後に

私の好きな言葉に、「死ぬこと以外かすり傷」というものがありますが、本当にそう解釈できたらそれだけ楽だろう?って思いますよね。
ただ、こう思っている人は今あなたが失敗するのが怖くて動けない時でも、どんどん気にせずに動き回るイメージわきませんか??
やっぱり、失敗に対する解釈次第で人生がガラリと変わると思いますよ!( ´ ▽ ` )

あ、そうそう!自分ゴトですが実は昨日夢が増えました💫
今の自分では明らかに無謀だけど叶えたい夢です。
失敗したくなかったらきっと叶えられることはないでしょうね!

あなたにも夢はありますか???

お会いできた時、聞けたら嬉しいです💕

 

〜おしまい〜

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
Riko
サラリーマンを辞めて早一年。名古屋でオンラインサロンオーナー・WordPress講師・貯金習慣アドバイザー・YouTuberをしている経営者。 人見知りしない超人好きタイプ。“ワクワクしないことはやらない”がモットー。世界中に笑顔を届けることがミッションだと思いながら日々活動している。夢は、【ハワイ移住】【カナダ人と結婚する】こと。 >>>>>>>>>人生かけたクラウドファンディングが終了!!2日前に目標金額達成!!
詳しいプロフィールはこちら

ご質問がある方はお気軽にお問い合わせください♪

Categoryカテゴリー

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です